2011年01月14日

金峯山中の宮



修験の山、金峯山

麓の高坂地区には、藤沢周平氏の生家跡があります


幽玄な雰囲気の参道

石段を上って



中の宮




山頂へ向かう道には、熊注意の立て札が



懐かしい道

子供の頃、よく遠足で登りました


途中いくつかある展望台からの異なる景色

それぞれ素晴らしいんです




あかいの清水

あかみずは、神仏に供える神聖な水という意味だそうです

ご夫婦が沢山のタンクに、水を汲んでいらっしゃいました




中の宮へ続く車道

400年を超える杉林の間を縫い、車を走らせます






Posted by らんららん♪ at 07:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。